浄化槽法一部改正のお知らせ


   浄化槽法の一部を改正する法律(平成17年5月20日公布)
   浄化槽法施行規則の一部を改正する省令(平成17年9月26日公布)
   施行期日:平成18年2月1日
   (詳しくは環境省ホームページ環境省関係浄化槽法施行規則をご参照ください。)


  【改正の概要】1~4は法律、 内は省令の概要です。

  1,浄化槽法の目的の明確化
      近年浄化槽の置かれている位置づけの変化を踏まえ、浄化槽法の目的に「公共用水域
      等の水質の保全」を明示するとともに、「し尿等」を「し尿及び雑排水」に改める。


  2,浄化槽からの放流水に係る水質基準の創設

      浄化槽からの放流水の水質保全を担保するために、浄化槽からの放流水に係る水質の
      基準を定めるとともに、当該基準を構造基準に反映させるよう措置する。
 
 ○浄化槽からの放流水の基準について
   BOD20mg/以下及びBOD除去率90%以上



  3,浄化槽設置後の水質検査の検査時期の適正化
      浄化槽設置後、水質検査を受けるまでの間、生活環境への悪影響が放置されることが
      ないよう、浄化槽設置後の水質検査の検査時期を見直す。

 ○第7条検査(設置後の水質検査)の検査時期について
   使用開始後3ヶ月を経過した日から5ヶ月間

      ※従来より検査開始時期が早くなります。


  4,適正な維持管理を確保するための都道府県の監督規定の強化
     [1]都道府県が適切な指導監督を行えるようにするため、浄化槽の廃止、法定検査の
         結果等を都道府県が確実に把握できる制度を設ける。
     [2]法定検査が確実に行われ、その結果に基づき都道府県が適切な指導監督が行える
        ようにするため、法定検査を受検しない者に関する規定を設ける。

  ○指定検査機関から都道府県への検査結果の報告について
   [1]報告時期:毎月末までにその前月中に実施した検査について報告
   [2]報告内容:検査を行った年月日、浄化槽管理者の氏名・住所、浄化槽の設置
      場所、検査結果等


 ○浄化槽使用廃止の届出について等
      ※浄化槽の使用を廃止したときは、30日以内に届け出なければならない。
      ※法定検査の未受検者に指導・勧告・命令・罰則規定が適用される場合があります。

                          参考: 環境省ホームページ